アボカド(avocado)

ギネスも認定 森のバター

アボカドの原産地は熱帯・亜熱帯地域。主な生産国はメキシコ、インドネシア、ドミニカ共和国、アメリカ、コロンビア、ペルー、ケニアなどです。その栄養素は「世界一の果物」としてギネスブックにも認定されています。ビタミンE、ビタミンA、ビタミンC、といった老化防止に働くビタミン群や、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルを多く含でいます。 特にビタミンEは、果物の中でゆずに次いで2番目の含有量。また脂肪分の多くが不飽和脂肪酸のオレイン酸なので、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるので血液サラサラにしてくれます。

サッパリマグロと合わせて

 

■マグロのコロコロ和え

マグロのビタミンB6と、アボカドのビタミンC、Eには、肌や髪を美しく維持する助けをしてくれます。ビタミンCはDHAが体内での酸化を防ぐ効果もあります。お醤油と山葵で和えてゴマを振りかけて。簡単手間いらずの健康レシピです。