ブロッコリースプラウト

 

スルフォラファンの抗酸化作用

 Sprout(スプラウト)とは主に穀類豆類野菜種子を人為的に発芽させた新芽の総称です。おなじみのモヤシも同じく発芽野菜、新芽野菜です。起源は古く5000年ほど前から中国では発芽したお豆を食していたとのこと。1994年にアメリカの医科大学の研究により、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンに強いガン予防効果があることが発表されました。その後、日本でもスーパーなどでブロッコリースプラウトを目にするようになりました。発芽後3日目が抗酸化物資が最大になるとのことなのでタイミングを見て調理するとヘルスエイジングに効果的です。

ブロッコリースプラウトはスーパーなので手軽に手に入りやすく、どんな食材とも相性が良いのも嬉しい食材です。そのまま塩・コショウにオイルをかけても、お豆腐やトマトとに添えるだけでも、一品になるので、毎日でも取っていただきたきです。

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンにより活性酸素が無害化されます。食物繊維の豊富なアボカドと一緒に食することで、老廃物が排除されるので相乗効果が期待できます。